2018年11月03日

今年の年始は七福神めぐりをしよう!+うちの大黒さんのこととかw

1969021880_200 (1).jpg


来年の話なんで鬼が笑いそうであるが、今年の年始から一年が明るくなるように、七福神めぐりをやろうと思っている。笑う門には福来たる、である。

写真にあるとおり、うちのお不動さんと同じ祭壇に普通の大黒さんをお祀りしている。

大黒さんといえば天台宗のお寺に多いが、この大黒さんの開眼は真言宗のお寺でやってもらっている。

天部でもお祀り方法が難しいとか、同じ大黒さんでも友達が本格的にやっているような三面大黒天じゃないんで、とくに作法は気にせず、甘い物をお供えしている。開眼していただいたお寺でも、ご真言と観音経で結構ですって話で。

大黒さんのむかって左下に置いてあるのは、これはチベット型の裸体で髑髏を首からかけている極小ダキニさんのお像。

当然、単なる置物で信仰対象ではないし、これに魂は入っていない。ダキニ天を開眼するような馬鹿ではないつもり(やってくれるお寺もないはずw)。

私自身の煩悩の象徴をお不動さんと大黒さんに見張ってもらっているという個人的な自己満足w

笑顔がなければ?他人のことどころか自分のことですら面倒になるから、無理して笑わずに笑顔が生じる状態が一番。

七福神の場合は霊場といっても寺社協力での年明けサービスというか、授与品も色紙だけじゃなくて可愛い縁起物が増えて庶民娯楽の側面が強い。

仏教と道教のミックスで、霊場も寺と神社が混ざるところに【日本人の拙僧なし混沌文化】が見えて好きなので、とりあえずどこを狙うか?探そうと思う。

南関東の七福神めぐり

関東だけでも結構ある。

町おこしや地域活性化の側面から新しい霊場がどんどんできているんで、見て回るのは面白そうだなぁって。

七福神も、御朱印や革新化する寺の行事同様に【寺社文化の入り口】となるから個人的には評価していたりする、七福神霊場がたくさんできても(爆)

年末年始は有名寺社はかき入れ時。

普段寺社に行かないようなハロウィンやメリクリ、カウントダウンで騒いでいた連中も含め、今度は大人しい人たちが中心に大勢集まって、駅、参道、境内と、場合によっては渋谷ハロウィンみたいな人口密度過多な芋洗い状態になるから、最近人混みが嫌いな私は嫌だったりする。

普段、人がいない時に有名どころへ行く。年始は余り人が行かないようなマイナーなところに行く。マイペースなりw

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 旅行ブログ 巡礼へ



ポチッとよろしくです♪
posted by 理常 at 18:05| Comment(0) | 信仰のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月23日

在家がやってみている阿字観の効果とか

564773_2297030528_54large.jpg


ほぼ一ヶ月に一回、愛宕の智積院別院真福寺で阿字観会に出ている。

阿字観の説明。

在家向けの内容だが、ちゃんとした修行としての阿字観瞑想。阿字観指導の僧侶以外にも周囲にサポートのお坊さんが複数人いて、動作が間違えていないかどうか?見てくれるので、初心者にも安心して参加できる。

言葉での説明とお手本動作もある。あとは左右や前方の人の動作も見えるんで基本的に困らない。1年やっていれば?とくに解説ペーパーなくても困らない。

個人的に阿字観をやっていて気がついたことについて書いておこうと思う。

阿字観は肉体疲労時とか睡眠不足時にやると?気持ちが良く、基本的にこっくりこっくりきてしまう。

ただ、それも悪くないと考えてリラックスできればヨシと考えるのが大事。緊張してたり張り切りすぎるのが原因でイメージが膨らまない時もあるが、それでもヨシとポジティブに考えて、定期的に続けるのがコツだと思う。

阿字観をやる上で、一番調子が良いのは疲労がなくちゃんと寝ている時。

気疲れもあって余り状態が良くないからここ数日は睡眠を多く取っていたこともあって、気分的にはアイタタだったのが、それが逆にうまいこと作用して本日は良い瞑想となった。

また、気分的にふさいでいたり、心が曇っていたり、負の感情がある場合、イメージの拡大によって逆にうまくいくことが多いようだ、私の場合。

勤行、担当僧侶のお話(お坊さんによっては声明とかも)、清浄体操(ストレッチのようなもの)、そして、数息観、月輪観、阿字観とすすむ。

私たちは吸って吐いてっていう学校教育の深呼吸で子どもの頃からならされているんで、吐く息を最初に一と数えるのがまず最初にめんくらうが、やってるうちに慣れた。

本日、冴えた輝きの月輪の取り込み、心の中での球体具現化、私の場合は発光膨張による拡大、宇宙空間での浮遊感とうまいことイメージが膨らんで、月輪観は非常にうまいこといった。

月輪を本尊に戻すのが嫌になった=もうちょっとやっていたい衝動にかられた。

阿字観については私は特殊なイメージがある。

蓮=自分が泥の中にある状態で根を地下に向けて伸ばしてゆくことで地面や大地=地球と一体化しているような感じ。

最近生じるようになったのは、心にネガティブな感情がある場合、その汚いドロドロを肥料にして、蓮の葉や花が自分の胸部から伸びていってさんさんと咲き出すイメージ。

そのうち、蓮池の情景との一体化が生じ、自分自身がその一部となる。その状態が安定したら、自分的には阿字観をやっていてうまいこといっていると感じる。

阿字観については月輪観と違って、具体的なイメージ誘導があるわけじゃないんで、私自身が阿字観をやっていて勝手に生じるようになったのがこれであって、こういうイメージをするように指導があったわけじゃないので、念のため。

ここまでうまいこと行くのは希で大抵睡眠不足が重なることで、こっくりこっくりきてしまう(笑)

それでも体の緊張感が取れるんで、毎回やる効果は高い。

また月輪観前にやる数息観は日常使いにちょうど良い。

心に動揺があったり、嫌な気分が余りに酷い時、歩きながらでも嫌なものを吐き出して一つ、息を吸い(阿字の取り入れ)、また嫌なものを吐き出して二つと吐く息を数えることで、む~とする嫌な感じが収まることが多い。

心のコントロール目的で取り入れると効果がある瞑想なんで、興味ある方はやってみると良いと思います!

564773_2291462537_18large.jpg

上記写真は夏場に高幡不動へ行った時に撮った蓮の写真。見事でしたw

「阿字の子が 阿字のふる里立ち出でて また立ち返る 阿字のふる里」 っていう感覚。

そして、自分自身は泥の中から咲く蓮の花のように清浄であるということ。どんなに心が曇っていても欠けていても自分本来の心はまん丸でこうこうと輝く満月のように美しいのだということ。

どんなに汚れようと、荒もうとも大日如来と自分は一体。当然、自分とお不動さんも同一であるということ。

この感覚を忘れずに過ごしたい。嫌なことは多いけれどw

真福寺阿字観会
詳しくは上記から。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 仏教的生き方へ にほんブログ村 旅行ブログ 巡礼へ 
posted by 理常 at 22:35| Comment(0) | 行事・イベント・修行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月21日

お友達がブログを開設しました!

WS000006.JPG

なんか春に庭の土作りをやり出してから、ここのブログ更新する気力及び体力がなくなり、夏は夏で更に酷暑で朝日が昇る前に水やりをしないと夏バテ起こしてどうにもならなかったんで体力限界という感じで。

SNS更新がやっとでした。

訳あってまたFBもやりだしたのと、あそこは日記というかノートが使いづらいので、長文を書く必要がある場合はこちらで更新していこうと思います。あと写真の整理とアップで結構疲れてしまうんで(それも2月で更新が止まっていた理由w)、余り肩肘はらずに、こちらは文章メインでも良いかなぁとか思いつつ。

以下が友人のブログです。LGBTの視点から仏教について書いてゆくというコンセプトだそうです。

LGBT仏教徒のブログ

私のブログにもリンクを置かせていただきました。って、なんも更新してないし、ろくに読んでくれてる人すらいないのだけど(汗)

ちょうどいいから私もまたここを再開するかなぁとか思います。

カテゴリを減らしました。

霊場ごとに写真をアップするなんてのは御朱印マニアとか寺社マニアと違って面倒でできないと判断したんで、手抜き上等で更新予定です。気がついたこととか、思ったことを書く程度にしようと思います、はい。

ほんとは今日というかもう昨日ですが、高野山東京別院で大きな法要があって、何回かは行っているのですが今回じっくり参拝して色々見てみたかったのに風邪でダウンして一日寝ていて最悪でした(んで、こうやって夜中起きてるし…)。

放送大学の面接講義とかテストでお寺のイベントや法要がアウトってことはよくあるし、風邪でアウトってこともあるし、と。まー、しょうがないですね。体の方が大事なんで。

それはともかく、LGBTの視点から仏教を見るとどう見えるのか?とか、どんなことに興味が向くのか?とか、その辺について友人は書いてゆくつもりだと思うし、なかなかの博学で家の部屋何室かが本だらけという図書館みたいなところに住んでる人なんで更新を期待しておりますw

posted by 理常 at 00:20| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする